読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おら、仲間が欲しい

 

皆さんの仲間の定義って何ですか?????

 
 
 
 
「友達としては最高でもチームメイトとしては最低」
 
 
 
そんなやつ山ほどいますよね。。。
 
 
 
 
要は、ターゲットが変われば強みが変わるって話ですね。。。
 
 
 
 
 
 
 
僕自身、仲間と友達の区分をミスって
 
 
 
結局は大好きだった自転車をやめました。
 
 
 
 
当時苦労していたところはそこだけといっても過言ではない………
 
 
 
 
 
 
でも結局は
 
 
 
 
 

チームに必要ないやつは切り捨てるしかない 

 
 
 
という結論に達しました。。。
 
 
 
 
僕は本気で制覇を狙っていたけど、みんなはそうじゃない。。。
 
 
こんな苦しい環境では好きなことができない。。。
 
 
あいつにこんなこと任せられるのか???
 
 
 
 
 
いろんな疑問で埋め尽くされていました、、、、、、
 
 
 
 
 
だからこそ僕は仲間の定義を自分で作る必要があると感じます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
例えばですが、僕は仲間の定義を、、、
 
 
 
自己実現に必要な習慣(環境、文化)を一緒につくれるやつ」
 
 
 
というようにおいています。今の所ですが、、、
 
 
ぜひ皆さまも一度考えてみてください!!!!!!!!!!!
 
 
でも実は、、、、
 
 
 
 
仲間は括りを変えること(つまりターゲットを変える)で範囲が変わってきます。
 
 
 
 
 
スポーツでいうと
 
 
普段は阪神(関西人はやっぱり阪神)、softbank日本ハム、etc…...
 
 
 
という仲間の括りでしかないのに、、、
 
 
 
 
日本代表になると全員仲間になります 笑笑
 
 
 
不思議ですよね????
 
 
 
他にもルフィがエースを助けようとした時もそうでしたね……..
 
 
 
 
 
 
要はターゲットなしの仲間の定義付けに意味はなく、、、、
 
 
 一番重要なのは
 
 
 
 
ターゲットを決められるか???
 
 
 
 
になってきます
 
 
 
 
 
だからこそ
 
 
 
理念なしの人生はリスクがでかすぎる
 
 
 
 
 
 
そう言われるのではないでしょうか、、、、
 
 
 
 
 
 
皆さんの仲間の定義またまたおしえてください………
 
 
 

 

 

数字に強くなれなきゃ人生ヤバい

タイトル今日はガッチガチですね 笑
 
 
今日はファイナンスについて書きます。
 
 
 
 
 
アーーーーー嫌いだーー。
 
 
 
って方も大丈夫です。
 
 
僕も嫌いです。
 
 
 
まぁ正確には、ついこの間まで大嫌いでした。
 
 
高校時代に数学のテストで
 
8/100点とったことあります。
 
 
 
で、ついこの間まで数字なんて世の中でいる?
 
ってスタンスでした。
 
 
 
でも今からする話でスタンスが変わった。
 
 
 
人生って数字で、できてる。
 
 
 
 
 
人生って、3要素で成り立ってる。
 
 
 
カネ、時間、労力。。。。。
 
 
分かります?この3つって数字でしか
 
 
 
測れません。
 
 
本当に???????
 
例えば、カネは数字で計らなければ
 
 
物々交換になってしまいます、、、、
 
 
例えば労力は数字で計らなければ社会主義でさえも成立しません。
 
 
例えば時間は数字ではからなければ成立しない……
 
 
 
このように社会は数字で形成されていると言っても
 
 
 
過言ではありません。
 
 
 
数字の目標設定ができない人は
 
 
 
とりあえず人に設定しもらい、、、、、
 
 
 
なぜ達成できなかったのかを深く考えてください!!!!!!!!
 
 
 
 
ではさようなら!!!!!!!!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 

お前はクズだ。

おはようございます!!!!!!

 

タイトルで煽った感があります 笑

 

 

でも、これは僕自身が昨日感じました。

 

 

まぁ昨日、おとといとビジコンに参加したわけですけども……

 

 

 

結果はボコボコ 笑笑

 

 

 

 

実はというと最近、自分の実力を過信しすぎてたんですよ。。。。。

 

 

 

 

でも、実際数字で出してみると自分の戦闘力が0でした

 

 

 

 

数字は嘘つきません。本当に。

 

 

これ最近痛烈に感じてます。

 

 

 

 

 

 

数字って産出が難しい。

 

 

 

 

でも判断基準がない時はこれを利用するしかありません。

 

 

 

 

 

 

例えば、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

会社の成績は飲食、アパレル、医療関係etc..................

 

 

 

 

国はそれをどう判断するの?????

 

 

 

 

 

 

それがPL,BSですね。 

 

 

そうすれば国も管理ができる。

 

結果を出せる人は数字に強い

 

 

 

 

数字に強くなる。そのためには………

 

 

 

 

ではまた明日!!!!!!!!!!!!

Simple Thinking is GEKIMUZU

 
 
最近よく耳にする言葉
 
『シンプル』
 

f:id:nakamotoyuji:20170309093121j:plain

 
街中でもCMでも、日常会話でも……
 
しかし、巷では
 
 
 
シンプル激ムズ説
 
 
 
が流れている。
 
 
 
確かに今まで生きてきた中でシンプルなんて
 
 
考えたことない!!!!!!
 
 
 
でもよくシンプルに考えるのうまいね
 
って言われるので普段意識していること
 
 
 
書いていきます。    
 
 
 
 
『バカになる』
 
 
 
……
 
 
 
うん、抽象的すぎましたね。
 
要は複雑に考えすぎない。ってことです。
 
 
 
例えば、、、、、、
 
 
 
問題があるとします。
 
宿題めんどくさい(あんまり言っちゃダメ笑)
 
僕の回答はこうです。
 
 
どうにかして宿題を乗り切ろうか?
 
 
 
はい。バカですよね笑
 
 
 
でもこれで大体の場合は乗り切れます 笑
 
例えば、得意な子に手伝ってもらう。
 
その代わりに、自分な得意なことはする。
 
 
 
実際僕自身、
 
宿題をする行為よりも
 
 
『なぜ宿題をしなければならないのか?』
 
 
ということばかり考えてました!
 
 
 
それが、意外と役に立ちます 笑
 
 
 
そうですね。それが実は本質思考なんです!
 
 
今日はとりあえずこの辺で!
 
 

 

 

遊び人ですか?

僕は常に遊んでいたい

 

 

 

最近、よく聞かれるフレーズ

 

『なにやってる方なんですか?』

 

 

その時いつも答える。

 

『遊んでます。』

 

例えば、、、、、、、、

 

 

歌を歌うのが好きな歌手。

 

 

 

主観:自分の好きなことをしてる=遊んでる

 

 

客観:こんな歌を歌えるようになるのに、どれくらい時間がかかるんだろう?

   こんな歌を歌えるようになるまで、どれくらい苦労したんだろう?

   こんなトレーニングを1週間ずっと続けてるなんて!?

 

 

要はこんな感じです。

 

僕は遊んでます。

 

っていうと大体食いつかれて

 

『本当はどんなことしてる人なんですか?』

 

 

って聞かれます。

 

そこで、セカンドキャリアを考える。

 

そして新たな夢中を共に見つけるため

 

日々行動と思考をしています。

 

こう答えます!

 

 

 

ちょっとした交渉テクみたいになってしまいました。

 

ではまた!

夢を捨てて、夢中になった話

僕は夢を捨てました。
 
 
高校時代、強豪校に所属してたこともあり
 
そこそこの成績を出して
 
大学にスポーツ推薦で入学しました。
 
まぁ夢いっぱいですよね 笑
 
 
でも、現実は違う。
 
人、カネ、育成 全てにおいて
 
高校より大学の方が劣悪。
 
しかもそれに甘んじている。
 
多くの強豪校はスポンサーをつけている。
 
しかし、弱小校は違う。
 
 
弱小校は実績がない
 
よってスポンサーがつかない。
 
機材スポーツにおいてカネは重要。
 
 
東京オリンピックのいざこざでもわかる。
 
 
じゃあOB.OGに頼れば?
 
そうもいかない。弱小校は往々にして
 
OB.OGがカネを出すことに無頓着。
 
悪いとこだとOB.OGと話せる環境もない。
 
そんなとこで夢を追いかけるのは
 
限界だと感じた。
 
 
僕はそこから逃げた。
 
 
すると、夢ができた。
 
セカンドキャリアを見つけたのだ。
 
 
僕の理念は
 
「夢中になれる環境へ」
 
 
この理念は大学時代の経験が無ければ
 
生まれなかった。全てが資産。
 
 
夢を諦めたことで
 
セカンドキャリアを支援したい』
 

 

この目標に夢中になれたのだ。

将来化ける奴ってどんなやつ?

どーも。


今日は、化ける奴のお話です。


まぁ、ようわからんですよね 笑


自分自身は、高校の時に自転車競技に出会って人生変わりました。


リアルに。


大学に入ってからなんで普通の野球少年だった自分がトップレベルのレーサーになれたのか?


って考えたことがあります。(今も考えてますが…


まずは、環境がめっちゃよかった。


同じ県の先輩が、めっちゃ強かった。


あと、自分の高校の先輩も強かった。


しかも、先輩の力が均一ではなく一人一人のレベルが階段状になっていた。


僕は用意されていた階段を登るだけ(一人一人の先輩を抜いていく)で勝手に全国レベルの能力を勝手に身につけてた。


あとは、指導者が良かった。


妥協を許さない監督で尚且つ、冗談も通じる監督だった。


小さな目標と大きな目標が可視化しやすく、しかも行動計画がはっきりしている。


ぶっちゃけ、もうこれはどんな選手でも強くなります。(環境的には)


あとは、メンタルの問題になってきます。


これはどう説明したらいいかわからないです。


素直なやつが伸びる!とか継続力がある!


色々要素はあると思います。


正直それは、個性です。


自分は強みを全面的に押し出して、弱みを人の力で補ってました。 笑


自然に。


結局、化ける奴は地道な努力をしたやつ


こんな結論が出ますね。


魔法はない‼️


ではまた明日!